営業日誌

2019.2.6

技術の伝承

- 技術   時代が進む中で、モノづくりの業種ではネックになる一つに「技術の伝承」があります。   少し視点を変えまして、   例えば、IT業界ですと時代の流れに比例して、より簡単に・より早く・より正確に…の仕組みが次々に構築されています。 過去から「学ぶ」よりも、 未来へ「生み出す」イメージの方がスピード感的にもあっているように思います。 最近では、RPA(Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション)も市場で活躍しています。 RPAとは、ホワイトカラーのデスクワークを、ルールエンジンやAIなどの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念、と定義されています。 決まりきった業務を代行・自動化するということで時間が空きます。 その時間を人間にしかできない、クリエイティブな時間に充てるということだと認識しています。   前置きが長くなりましたが、先日工場を歩いている時に、すごくいい絵だったのでシャッターを!! 工場長が技術を伝授していたのではないかと思います。 長年培った技術を次の世代へ…こういう想いだと思います。   角井さんと工場長(タカハタ暦:47年)   海外実習生の真剣なまなざし   モノづくりってやっぱり、かっこいいですね!!   ちょっとかっこよく撮りすぎちゃいましたが 笑 少しでも、モノづくりのかっこよさが伝わればです。   改めて感じたのは、工場では色んな音、色んな声が聞こえてきます。 そして、色んなドラマがたくさん創り出されています。   次の世代に… モノづくりの楽しさ モノづくりのかっこよさ を伝えていくのも私たち、TAKAHATAの役割の一つなのかもしれません。   現場の皆さん~!! かっこいいですよぉ~!!!!   香川敬典