TAKAHATAのレーザー加工はここがすごい

豊富な切断加工機
  • ファイバーレーザー1台
  • 複合加工機2台
  • パイプレーザー1台
  • and more!
薄板から厚板まで
  • t=0.5~22mm

※条件によるためご相談ください。

様々な素材に対応
  • 鉄:SS材、SPCC、SECCなど
  • アルミ:A5052、A6061など
  • ステンレス:SUS304など
  • 銅:C1020など
  • チタン、CFRPなどご相談ください
省人運転
  • 最長72時間の省人運転
  • 多品種少量
  • 1個から対応します

切断加工対応範囲

形状 板、角パイプ、丸パイプ、Lアングルなど
サイズ 最大:3,800×1,219mm ※条件による
板厚 0.5~22mm ※条件による
素材
  • SPCC、SECC、SS400など
  • ステンレス SUS303、SUS304、SUS316など
  • アルミA5052、A5056、A6061など
  • C1020、C1100など
  • チタンなど難加工材ご相談ください。
切断加工事例を見る

主要切断加工機

  • 複合加工機
    設備 複合加工機
    メーカー AMADA
    機種 ACIES2515
    最大加工範囲 3,800×1,219mm
    出力 4Kw
    切断可能板厚 0.5~6mm

    高効率な段取りシステムと、10段の材料棚で最長72時間の無人運転を実現します。またフルフラットテーブルとZRタレット機能で裏キズを極限まで抑え、安定した品質の切断加工をおこなっています。

  • ファイバーレーザー加工機
    設備 ファイバーレーザー加工機
    メーカー AMADA
    機種 LCG-3015
    最大加工範囲 3,070×1,550×100mm
    出力 6Kw
    板厚 0.5~22mm

    弊社のファイバーレーザー加工機は、t=0.5~22mmの薄板から厚板の切断加工に対応しています。メッキ材やアルミ、銅、真鍮、チタンなどの高反射材に対して高速かつ、高精細な切断加工が可能です。

  • パイプレーザー加工機
    設備 パイプレーザー加工機
    メーカー BLMグループ
    機種 LT8.10
    加工サイズ φ12~220mmまで
    出力 3Kw
    備考 最長6,000mm、重量35kgまで

    丸パイプおよび角パイプの高精細3次元切断加工を実現します。ファイバーレーザー仕様で、アルミや銅などの切断も可能です。ハイスピード&高精細切断で専用機や設備のフレーム加工の納期短縮に貢献します。

レーザーへのこだわり

レーザーのこだわり

ファイバーレーザー加工機、複合機、パイプレーザー加工機を中心とした切断工程の設備には特につよいこだわりがあります。切断機は最大3tのストックに対応した材料棚と、自動配給、排出を行う自動運転システムを搭載しています。パイプレーザー加工機も同様に、丸パイプや角パイプ、各種鋼材の切断を高速かつ高精細に、自動運転システムで長時間の自動運転を実現しています。切断中の画像をスキャンし、熱変位による変形、異常を瞬時に判断し自動補正を行うシステムも導入し、高品位な切断加工を行っています。